ビーグレンの泡立たない洗顔のこだわりとは?

ビーグレン クレイウォシュ

ビーグレンの児玉社長が「wotopi(ウートピ)」という情報雑誌に掲載され、ビーグレン化粧品のいろんな疑問について答えています。
今回は美肌のための第一歩、スキンケアの基礎とも言える「洗顔」についてまとめてみました。

泡洗顔って間違いなの?

私も最初本当に驚いた、泡立たない洗顔。
今まで当たり前に泡立つ洗顔フォームを使用してました。
ホワイトケアトライアルセットが自宅に届き、使用するまで何にも知らず、いつものように泡立てネットで泡立てようとしたら、「あれ?」

この時始めてビーグレンの洗顔が泡立たないクレイ(泥)を使用していることを知りました。
ビーグレン クレイウォシュ 泡立ち
(泡立ちネットで泡立てようとしたが全く泡立たなかった)

「洗顔フォームは肌を傷つけないように、たっぷり泡立てて使う」
この知識は私の中では常識として捉えていました。

でも実はこの常識が時として危険な常識でもあることも知った瞬間でした!!
それほど私には大きなショックだったのです。

それからこのクレイ(泥)について調べまくりました。そしてビーグレンがなぜそこまで、天然クレイ「モンモリロナイト」にこだわったのかも。

児玉社長が雑誌掲載の中でもこう述べています。
「洗浄力の高い『泡洗顔』は汚れだけでなく肌に必要な皮脂まで落としてしまいがちなんです。すると、肌がつっぱって乾燥してしまい、シワやたるみ、大人ニキビの原因になってしまうこともあります。」

肌トラブルを解決するにあたり、一番先に見直したらいいのってなんだと思いますか?

実はそれが洗顔料なんです!
私もトライアルで始めて使用してみて今では完璧なリピーターの一人です。

本日3本目の洗顔が我が家に到着しました! 洗顔は1本2ヶ月もたないので今回は2本まとめて購入しちゃいました^^
ビーグレン クレイウォシュ 3.4本目購入

手の平いっぱいで顔全体を覆うようにマッサージした後の肌触りはしっとりとしてやみつきになってます。

ビーグレンウオッシュのレビュー記事はこちらをどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る