肝斑とは?

肝斑はシミの一種で、左右対称に同じ形で大きさも変わらないのが特徴です。広範囲に現れて、シミのそれぞれの輪郭ははっきりしません。
頬骨に出来る人が多く、額や口周りに広がることもあります。肝斑には様々な原因が考えられます。

30~40代に多く見られ、妊娠や経口避妊薬を服用すると出来ることから、女性ホルモンの低下が関係しています。また体の外からの刺激も引き起こす要因です。紫外線に当たりやすい部分は、発症しやすく症状が悪化することがあります。
日本人は特に肝斑ができやすいと言われいます。皮膚の色が浅黒い人ほど多く出来る傾向があります。
また、ストレスも無関係ではありません。シミの原因であるメラニンは表皮にあるメラノサイトという細胞で作られます。メラノサイトはホルモンや紫外線の刺激を受けると活性化して、メラニンを作ります。
ストレスはホルモンの分泌に悪い影響を与えます。肝斑の治療には、トラネキサム酸の服用が効果的です。内服することで有効成分が血液によって運ばれます。それによって皮膚のあらゆるところに浸透し、メラノサイトに働きかけます。またトラネキサム酸はビタミンCと併用することでさらに効果を得られます。

ビタミンCは美白化粧品によく配合されています。ビタミンCの美白効果を利用して、点滴で多量のビタミンCを投与して、シミを治そうとする皮膚科もあります。またストレスを解消するために漢方薬が使われています。
「加味逍遥散」という漢方薬は、更年期障害が現れた時にもよく用いられます。不安やイライラといった精神的症状を緩和させ、ホルモンバランスを正常に戻します。
また、「益母草」という漢方薬も効果的です。顔の血流を良くする効果があり、むくみを取って皮膚のメカニズムを健全にします。
抗炎抗菌作用があるので、毛穴の炎症が鎮められてシミ対策が期待できます。またクリニックで医療用レーザーを使って肝斑を消すことも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る