肝斑とシミの違い

肝斑 しみ

シミの原因が紫外線であることはよく知られています。
肌には自身を守ろうとするメカニズムがあり、紫外線が当たると肌の基底層にあるメラノサイトがそれを感知し、メラニンを生成します。

メラニンは表皮細胞の中にとどまって紫外線から肌細胞をガードしますが、通常は肌のターンオーバーに従って徐々に表面へと押し上げられ、最終的には垢として剥がれ落ちます。
しかし加齢やストレスなどによりターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンはいつまでも排出されることなく肌に残ってしまいます。
また、メラニンの生成量が多すぎても排出が間に合わず、沈着することになってしまいます。

しかし実は、紫外線に当たらなくてもできるシミというのがあります。特徴としては主に頬骨や額、口のまわりなどに左右対称にぼんやりとして見え、色は薄い褐色で輪郭がはっきりせず、広い範囲にもやっと広がっています。
これは肝斑といって、30~40代の女性に多く見られるものです。むしろ年齢が上がるほど発症率は下がり、60代以降ではかえって薄くなるといった変化が見られます。

妊娠やピルの服用で発症・悪化することから女性ホルモンの影響が原因として考えられており、これは最も女性ホルモンの活発な30~40代で好発することと一致します。

このように肝斑は発生の原因やメカニズムが特殊なので、治療法も違います。主に内服薬を使用した治療が行われ、トラネキサム酸やビタミンCが処方されます。
トラネキサム酸は最も効果のある成分と言われていますが、血栓ができやすいこと、またピルとの併用ができないなどの注意点があり、医師の指示に従って正しく服用する必要があります。

外用薬ではハイドロキノンが効果的です。一般的なシミには効果のあるレーザー治療も、肝斑の場合はかえって悪化するおそれがあるといわれています。

ただし最近では、肝斑の治療に適した機種も登場しているので、医師と相談の上最適な治療法をとるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る