肝斑でお悩みの方へ

 

肝斑とは

肝斑は皮膚の色素が増えることによって生じる色調の変化のことで、シミの一種です。左右対称に同じ形で大きさも変わらないのが特徴です。広範囲に現れて、シミのそれぞれの輪郭ははっきりしません。
頬骨に出来る人が多く、額や口周りに広がることもあります。肝斑には様々な原因が考えられます。

30~40代に多く見られ、妊娠や経口避妊薬を服用すると出来ることから、女性ホルモンの低下が関係しています。また体の外からの刺激も引き起こす要因です。
紫外線に当たりやすい部分は、発症しやすく症状が悪化することがあります。
日本人は特に肝斑ができやすいと言われいます。皮膚の色が浅黒い人ほど多く出来る傾向があります。

また、ストレスも無関係ではありません。シミの原因であるメラニンは表皮にあるメラノサイトという細胞で作られます。メラノサイトはホルモンや紫外線の刺激を受けると活性化して、メラニンを作ります。
ストレスはホルモンの分泌に悪い影響を与えます。肝斑の治療には、トラネキサム酸の服用が効果的です。
内服することで有効成分が血液によって運ばれます。それによって皮膚のあらゆるところに浸透し、メラノサイトに働きかけます。またトラネキサム酸はビタミンCと併用することでさらに効果を得られます。

ビタミンCは美白化粧品によく配合されています。ビタミンCの美白効果を利用して、点滴で多量のビタミンCを投与して、シミを治そうとする皮膚科もあります。またストレスを解消するために漢方薬が使われています。
「加味逍遥散」という漢方薬は、更年期障害が現れた時にもよく用いられます。不安やイライラといった精神的症状を緩和させ、ホルモンバランスを正常に戻します。
また、「益母草」という漢方薬も効果的です。顔の血流を良くする効果があり、むくみを取って皮膚のメカニズムを健全にします。
抗炎抗菌作用があるので、毛穴の炎症が鎮められてシミ対策が期待できます。またクリニックで医療用レーザーを使って肝斑を消すことも可能です。

肝斑の症状について

肝斑の一般的な症状では、シミが両頬や額、下顎や上口唇のあたりに左右対称に広がるように生じます。目の周りにできないのが特徴で、日光性黒子やソバカスのように点として見えるシミとは違い、面として広がったシミに見えます。シミの境界がぼやけていてはっきりせず、そのせいで顔色が悪く見えることもあります。

一般的に顔色が悪い場合、ストレスや疲労、睡眠不足が原因ですが、中には肝斑でそう見えていただけだったというケースもあります。
経口避妊薬の服用中や妊娠中に現れる場合もあり、季節によってシミの濃さが変化することもあります。
妊娠中に現れる場合、妊娠2~3カ月頃から現れることが多く、次第に色が濃くなっていきます。出産後に消えていくこともありますが、長期間残ってしまう場合もあります。

このように様々な症状があげられますが、専門家でも肝斑と他のシミを判別することは困難です。
他のシミと合併して現れている症例も多く報告されており、顔に現れたシミが気になる場合は素人目で判断しないようにしましょう。
安易にレーザーなどで取ろうとすると悪化する可能性があるので、専門医に相談し自分のシミがどの種類なのかを見分けて、適切な治療を受けることが大切です。

肝斑でやってはいけないこと

肝斑は、広い範囲にできるため最初は顔色が悪いように思ってしまう事があります。
体の不調かと思い、いろいろと検査を受けても思い当たるものがなく、徐々に色が濃くなってきて肝斑だと気づく人が多いです。
メイクで隠れにくいので悩む人も少なくありません。

女性ホルモンが原因ですが、紫外線によって症状が強くなることがあります。
シミはメラニン色素といわれるもので、それを作り出しているのが皮膚にあるメラノサイトという細胞です。
これは皮膚の表皮部分にあり、紫外線の刺激によってメラニンを作り出します。
これによって肝斑以外のシミも増えやすく肝斑も濃くなりやすいのです。

また生活リズムの乱れやストレスなどにより肌のターンオーバーがくるってしまい、シミが消えにくくなるという事もあります。
ストレス、睡眠不足、不規則な生活にならないように気を付けなくてはいけません。
皮膚への過度の刺激も避けなくてはいけません。
洗顔やマッサージなどのお手入れは適度にしておくことが必要です。
また栄養バランスも重要で、便秘は肌の状態を悪くしやすいのでお通じを整えておかなくてはなりません。

美白をうたった化粧品がたくさんありますが、その中で肌に合わない化粧品を使用しないようにしましょう。
美白の成分との相性が悪く刺激感があるようであれば使用を中止しましょう。
シミの治療にはレーザー治療がありますが、肝斑の場合には逆効果となるケースも報告されているので、医師によく相談してから治療を受けましょう。

肝斑とシミの違い

シミの原因が紫外線であることはよく知られています。肌には自身を守ろうとするメカニズムがあり、紫外線が当たると肌の基底層にあるメラノサイトがそれを感知し、メラニンを生成します。
メラニンは表皮細胞の中にとどまって紫外線から肌細胞をガードしますが、通常は肌のターンオーバーに従って徐々に表面へと押し上げられ、最終的には垢として剥がれ落ちます。
しかし加齢やストレスなどによりターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンはいつまでも排出されることなく肌に残ってしまいます。また、メラニンの生成量が多すぎても排出が間に合わず、沈着することになってしまいます。

しかし実は、紫外線に当たらなくてもできるシミというのがあります。特徴としては主に頬骨や額、口のまわりなどに左右対称にぼんやりとして見え、色は薄い褐色で輪郭がはっきりせず、広い範囲にもやっと広がっています。
これは肝斑といって、先ほどにもあった通り、30~40代の女性に多く見られるものです。むしろ年齢が上がるほど発症率は下がり、60代以降ではかえって薄くなるといった変化が見られます。
妊娠やピルの服用で発症・悪化することから女性ホルモンの影響が原因として考えられており、これは最も女性ホルモンの活発な30~40代で好発することと一致します。

このように肝斑は発生の原因やメカニズムが特殊なので、治療法も違います主に内服薬を使用した治療が行われ、トラネキサム酸やビタミンCが処方されます。
トラネキサム酸は最も効果のある成分と言われていますが、血栓ができやすいこと、またピルとの併用ができないなどの注意点があり、医師の指示に従って正しく服用する必要があります。
外用薬ではハイドロキノンが効果的です。一般的なシミには効果のあるレーザー治療も、肝斑の場合はかえって悪化するおそれがあるといわれています

ただし最近では、肝斑の治療に適した機種も登場しているので、医師と相談の上最適な治療法をとるとよいでしょう。

ページ上部へ戻る