ファンデ―ション無しでも綺麗に見える化粧下地の重要性とは?

化粧下地の重要性

日差しが日に日に強くなってきましたね!
天気予報で花粉飛散情報が放映されるようになったなぁと思っていたけど、そろそろ紫外線指数も気になるところ。

だからと言って紫外線って日差しが強くなってから始めるぞ!って思ってたら、美肌を目指す自分としたら相当マズいです。。。
当然、曇りやうす曇りの日も日焼けはしやすく、晴れている日を100%としたら、曇りの日はその60%~80%、雨の日でも20%~30%の紫外線が降り注ぎます。

ということは、1年中、日焼け対策が必要ってことですね!

化粧下地は脇役ではない!主役へと変わる大切なスキンケア

ところで日焼けを防ぐスキンケア対策の一つに化粧下地があります。
化粧下地というネーミングは化粧品会社によっては、UVベースやUVホワイトニングベース、日焼け止めベースクリームなんて呼ばれています。

化粧下地は、スキンケアの中では特に目立つアイテムではなく、どちらかというと時間的余裕や金銭的余裕がない場合、「まぁなくてもいいや」という脇役的存在になりつつあります。
因みに検索窓で「化粧下地 脇役」なんて入れてみると、
「BB・CCクリームなどが多く出ているので化粧下地を使っていない人もたくさんいる~」とか
「今まで脇役として存在し続けていたハイライトや化粧下地。~」「化粧下地はファンデ-ションを引き立てる名脇役。~」
などやはり脇役として君臨し続けるスキンケアなのかなぁと思いつつも、
化粧下地は美肌づくりの“脇役”から“主役”へと存在感を高めていくでしょう。~」なんていう気になる記事もちらほら。

実は私も化粧下地って結構スキンケアの中では重要な役割を果たすのではないかと思っているのです。
化粧水→クリームの後、もし化粧下地なしでファンデーションを塗ったとしたら乾燥肌の私の肌はゴワゴワになります。
というか、そもそもファンデが上手く肌にのらないですね。
よくやらかしてしまうのが、朝の基礎のスキンケアまでしたらそのまま放っておいてしまう状態。
さて、買い物でもと思い、下地をつけるのを忘れてそのままファンデーションをつけようと思ったらかっさかさで全然肌になじまない。

毛穴にファンデが集中し、肌ムラが出来てあぁやらかした・・・と後悔してます。
その点、下地をつけることによってファンデーションのノリが良く、肌も明るくなったと実感します。
あれまぁ不思議!ってビックリするほど!!

美容クリニックでもイオントフォレーシスの後には必ずクリームとその後の化粧下地までちゃんとつけてくれます。
この後すぐにでもファンデが塗れる状態にしてくれるのです。

お肌を一段と明るく!化粧下地の魅力と役割

そんな、お肌を幸せにさせちゃう化粧下地=UVクリームの魅了と役割についてもう少し補足すると、

・ファンデーションのノリを良くしてくれる
・お肌を保護してくれる

これは当然のことながら、他に

・肌にうるおいを与えてくれる
・外気の刺激から肌を守ってくれる
・毛穴や肌の凸凹を埋めて滑らかにしてくれる
・肌とファンデーションの密着度を高めてくれる
・メイクの持ちを良くしてくれる
・肌のくすみを隠し、ファンデーションの発色を良くしてくれる
・色素沈着を防いでくれる

このようにたくさんの役割をこの化粧下地は果たしてくれるのです!!

もうここで勘の良いあなたならお分かりですよね?
そうなんです。
化粧下地は化粧水や美容液と同じくらい、肌に大きな影響を与えるとっても大切なアイテムなのです。

そして今私が気に入っている&気になっている化粧下地を次回、ご紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る